安倍総理が辞任!どのような病気!次の首相の候補は〇〇が有力!

公開日: 

安倍総理の病気は持病の

「潰瘍性大腸炎の再発」

だった!

 

国が指定する難病

 

潰瘍性大腸炎とはどのような病気なのでしょうか?

重症になると命の危険がある恐ろしい病気です。

 

安倍総理が初めて首相に就任した時も、この病気が原因で辞任しています。

自身の体調を考慮したとなれば、今回の辞任の判断も懸命だったのかもしれません。

次の総理は誰になるのか?

スポンサードリンク

潰瘍性大腸炎はどのような病気

大腸の粘膜が炎症を起こし、激しい腹痛や下痢を繰り返す難病と言われています。

難病情報センターの情報より引用

潰瘍性大腸炎は大腸の粘膜(最も内側の層)にびらんや潰瘍ができる大腸の 炎症性疾患 です。

特徴的な症状としては、下血を伴うまたは伴わない下痢とよく起こる腹痛です。

病変は直腸から連続的に、そして上行性(口側)に広がる性質があり、最大で直腸から結腸全体に拡がります。

この病気は病変の拡がりや経過などにより下記のように分類されます。

1)病変の拡がりによる分類:全大腸炎、左側大腸炎、直腸炎

2)病期の分類:活動期、 寛解 期

3)重症度による分類:軽症、中等症、重症、激症

4)臨床経過による分類: 再燃 寛解 型、慢性持続型、急性激症型、初回発作型

 

どのような症状なのか?

下痢(便が軟らかくなって、回数が増えること)や血便が認められます。

痙攣性または持続的な腹痛を伴うこともあります。

 

重症になると、

発熱、体重減少、貧血

などの全身の症状が起こります。

 

また、腸管以外の合併症として、皮膚の症状、関節や眼の症状が出現することもあります。

 

治療法にはどのような方法がある!?

原則的には薬による内科的治療が行われます。

しかし、重症の場合や薬物療法が効かない場合には手術が必要となります。

 

内科治療

現在、潰瘍性大腸炎を完治に導く内科的治療はありませんが、腸の炎症を抑える有効な薬物治療は存在します。

治療の目的は大腸粘膜の異常な炎症を抑え、症状をコントロールすることです。

潰瘍性大腸炎の内科的治療には主に以下のものがあります。

〈5-アミノサリチル酸薬(5-ASA)製薬〉
5-ASA製薬には従来からのサラゾスルファピリジン(サラゾピリン)と、その副作用を軽減するために開発された改良新薬のメサラジン(ペンタサやアサコール)があります。経口や直腸から投与され、持続する炎症を抑えます。炎症を抑えることで、下痢、下血、腹痛などの症状は著しく減少します。5-ASA製薬は軽症から中等症の潰瘍性大腸炎に有効で、 再燃 予防にも効果があります。

〈副腎皮質ステロイド薬〉
代表的な薬剤としてプレドニゾロン(プレドニン)があります。

経口や直腸からあるいは経静脈的に投与されます。

この薬剤は中等症から重症の患者さんに用いられ、強力に炎症を抑えますが、再燃を予防する効果は認められていません。

〈血球成分除去療法〉
薬物療法ではありませんが、血液中から異常に活性化した白血球を取り除く治療法で、LCAP(白血球除去療法:セルソーバ)、GCAP(顆粒球除去療法:アダカラム)があります。副腎皮質ステロイド薬で効果が得られない患者さんの活動期の治療に用いられます。

〈免疫調節薬または抑制薬〉
アザチオプリン(イムラン、アザニン)や6-メルカプトプリン(ロイケリン)( 未承認 )はステロイド薬を中止すると悪化してしまう患者さんに有効です。また、シクロスポリン(サンディミュン)(未承認)やタクロリムス(プログラフ)はステロイド薬が無効の患者さんに用いられます。

〈抗TNFα受容体拮抗薬〉
インフリキシマブ(レミケード)やアダリムマブ(ヒュミラ)といった注射薬が使用されます

。効果が認められた場合は、前者は8週ごとの点滴投与、後者では、2週ごとの皮下投与が行われます。後者では自己注射も可能です。

 

外科治療について

多くの場合、内科治療で症状が改善しますが、

以下のようなケースでは外科手術(大腸全摘術)が行われます。

(1)内科治療が無効な場合(特に重症例)
(2)副作用などで内科治療が行えない場合
(3)大量の出血
(4)穿孔(大腸に穴があくこと)
(5)癌またはその疑い

大腸全摘術の際には、小腸で人工肛門を作る場合もあります。

近年では、小腸で便をためる袋(回腸嚢)を作成して肛門につなぐ手術が主流となっています。

その場合、術後は普通の人とほぼ同様の生活を送ることができます。

 

 

 

 

スポンサードリンク

次の総理の有力候補はこの人に!

ネット上では「麻生太郎」、「石破茂」、「河野太郎」、「小泉進次郎」

などの名前が挙げられています。

 

特に、

石破元幹事長は総裁選挙に意欲を示している

とのこと。

 

2020年8月ドットコムニュースより引用

時事通信の8月の世論調査で、次の首相にふさわしい人物を尋ねたところ、

自民党の石破茂元幹事長が24.6%でトップだった。

同じ質問をした2月調査でも石破氏は1位で、支持は3ポイント上昇。

自民党支持層に限ってみても石破氏が安倍晋三首相を10ポイント以上引き離して首位だった。

 

2位は小泉進次郎環境相(12.3%)で、3位は安倍氏(9.2%)。

上位3人の順位は2月と変わらなかったものの、小泉、安倍両氏は支持の割合が減り、石破氏との差が広がった。
「ポスト安倍」候補に取り沙汰される他の閣僚らでは、河野太郎防衛相が4位(7.8%)に浮上。

 

5位に自民党の岸田文雄政調会長(6.0%)、6位に菅義偉官房長官(4.5%)と続き、茂木敏充外相は10位(0.8%)だった。
自民党支持層では、首位の石破氏が28.5%、2位の安倍氏は18.0%。小泉氏は11.1%で3位となった。
調査は7~10日に、新型コロナウイルスの影響を考慮した沖縄県を除く全国の18歳以上の男女1977人を対象に実施。有効回収率は63.7%。

 

これはあくまでも8月の世論調査でしが、現時点では、

石破、岸田、野田、下村が総裁選に意欲しています。

 

石破茂元幹事長は、国会内で記者団に

「20人の推薦があれば、やらねばならない。そう遅くない時期に判断したい」と述べた。

岸田文雄政調会長は、訪問先の新潟市内で、総裁選に立候補する意向を記者団に問われ、「変わりない」と語ったことから立候補する意志

野田聖子元総務相も国会内で記者団に

「考えは変わらない」

と述べ、立候補する意向を改めて示した。

首相の出身派閥の細田派に所属する下村博文選対委員長は

「推薦人が20人いれば出られる。仲間と相談したい」

と都内で記者団に語った。

 

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑