赤ニキビでお悩みの学生さん集まれ♪正しいニキビ石鹸がこれ♪

公開日:  最終更新日:2019/01/19

思春期にできるニキビって死ぬほど辛いですよね。

 

最初はポツポツと白い粒(白ニキビ)が

おでこ、頬、口周りに出来始め、

時間が経過するごとに赤く腫れ上がっていく・・・

 

気がつけば、顔中に大量の赤ニキビが増えていた!

顔はすぐに脂でベトベト(テカリ)になるし、顔中はヒリヒリと痛みまででるように(泣)

 

毎日、ニキビ用の洗顔料、化粧水、塗り薬、サプリメントを飲んでいるのに、

どうして、赤ニキビは治らないの!?

 

10代の赤ニキビはホルモンバランスの影響だから仕方ないのかな。。。

 

思春期にできるニキビは

「ホルモンバランスの影響による毛穴詰まり」

が原因ですので、ニキビができやすいのは仕方がありません。

 

でも、

10代でまったくニキビができない人

もいるのも事実です。

 

どうして、

ニキビができる人とニキビができない人がいるの?

そう思ったことってありませんか?

 

思春期のニキビの原因は様々ですが、一番の原因は

間違った洗顔料でニキビケアをしているから

だったんです。

 

牛乳石鹸などは肌には優しいのですが、肌の表面の皮脂しか落とせません。

脂性肌用のニキビ洗顔料、クレアラシル、ギャツビーなども皮脂を落とすだけで、

肝心の毛穴詰まりが解消できていないのです。

 

洗顔後、肌がつっぱっていませんか?

ヒリヒリしていませんか?

 

 

間違ったニキビ洗顔料で洗顔を続けていると、

ニキビは治るどころか、悪化していくだけです。

 

思春期の赤ニキビを治す秘訣はシンプル♪

 

はい、

正しい赤ニキビ用洗顔石鹸(洗顔料)選んで、ニキビケアをする

たったこれだけ。

 

難しいことは一切なし。誰でも簡単に今日から赤ニキビケアができます(*^_^*)

スポンサードリンク

赤ニキビ用石鹸の選び方!たった4つのポイント♪

赤ニキビ用石鹸の選び方は下記の4つのポイントを満たしていればOKです。

赤ニキビ石鹸を選ぶ4つのポイント♪

1 吸着力が強い泡&キメ細かい弾力の泡

2 赤ニキビの炎症を抑える成分

3 肌を保湿する成分

4 コスパ(値段)

この4つのポイントを満たしている石鹸であれば、

赤ニキビを洗顔で治していくことができるんです^^

 

その理由を今からご説明します。

 

思春期の時期はホルモンランスの影響で皮脂分泌の量が多くなる!

 

10代の頃は(小学生・中学生・高校生・大学生)はホルモンバランスの影響により皮脂分泌が多くなります。

 

ですが、

毛穴の皮脂詰まり・肌の乾燥を防ぐ

ことができれば、毛穴に皮脂が詰まることはありません。

 

つまり、

”市販のニキビ洗顔料では毛穴の奥まで泡が届かない”

のです。

 

洗えているのは、肌表面だけであり、肝心の毛穴の奥の皮脂つまりがとれていない。

さらに、薄い泡でゴシゴシと肌を摩擦でこするので、肌のバリア機能が壊れるので、肌のターンオーバーも乱してしまうのです。

また、市販のニキビ洗顔料は”脱脂力が強い”ので洗顔後に肌がつっぱり(乾燥)します。

 

肌が乾燥するとどうなるのか?

はい、毛穴からどんどん皮脂がでるようになるのです。

毛穴汚れ(詰まり)が解消していないのに、次から次へと毛穴から皮脂が分泌するので、

毛穴の奥に皮脂がどんどん溜まり、アクネ菌が増殖して赤ニキビができるのです。

 

 

洗えているのは、肌表面だけであり、

肝心の毛穴汚れ(皮脂詰まり)が取れていなかったのです。

 

ま・さ・か?

ピーリング・スクラブでニキビケアをしていませんよね?

 

肌のバリア機能、肌のターンオーバが乱れている状態で

ピーリング・スクラブでゴリゴリと角層を傷つけてしまうと、肌がますます乾燥します。

赤ニキビの状態では使用するにはNGです。

 

大事なのは、”毛穴の皮脂汚れを綺麗に落とす”

毛穴ケアがしっかりとできていれば、ニキビはできません。

 

毛穴の汚れは、毛穴の奥までいき届く泡で綺麗に洗落とすのが基本です。

吸着力の強い泡&キメ細かい弾力の泡

肌を傷つけない(痛めつけない)ず、毛穴汚れをしっかりと吸着する泡で赤ニキビケアをします。

 

赤ニキビの炎症を抑える消炎作用の成分(グリチルリチン酸)

赤ニキビの状態になると、白ニキビ(白いぶつぶつ)、黒ニキビ(毛穴の黒ずみ)とはケアの方法が異なります。

 

白ニキビ、黒ニキビであれば、毛穴の奥の汚れを落とすだけ(吸着力の強い泡&キメ細かい弾力の泡)で十分ですが、

赤ニキビは炎症を抑える成分「グリチルリチン酸(甘草エキス)」などで赤ニキビをケアします。

抗炎症作用(消炎作用)の成分が配合されているかどうか確認をしてみてくださいね。

 

洗顔後に肌の乾燥を防ぐ保湿成分

洗顔をした後に、肌が乾燥してしまっては、皮脂が次から次へと出るようになります。

そのため、保湿成分が配合されているかどうかは重要です。

 

テカリ、べたつきを抑える「ダイズエキスのイソフラボン」が配合されていれば、
女性ホルモンに似た働きがあると言われているので、皮脂の分泌のコントロールにも期待できます♪

コラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分は乾燥を防ぐには欠かせません。

 

長々と説明をしてきましたが、赤ニキビの正しいケア方法は、

毛穴の奥の皮脂汚れを落とし、消炎作用の成分で赤ニキビを抑えながら保湿成分で肌を保湿する。

たったこれだけなんです。難しいことは一切ないですよね。

 

ニキビケアは毎日の継続が大事!

コスパが高いとニキビケアを続けることができません。

 

赤ニキビ用石鹸の選び方は下記の4つのポイントを満たしている石鹸を選ぶべし!

1 吸着力が強い泡&キメ細かい弾力の泡

2 赤ニキビの炎症を抑える成分

3 肌を保湿する成分

4 コスパ(値段)

はい、この4つのポイントを満たしている赤ニキビ石鹸があるんです^^
思春期のニキビケアの為に作られた魔法の石鹸♪



2ヶ月の使用で2940円ですので、

1ヶ月で1500円くらいのコスパになります。

 

市販で売られているニキビ洗顔料よりも、やや高めですが、

市販のニキビ洗顔料では赤ニキビを治りませんorz

今日から、正しい赤ニキビのケアを始めてみませんか( `・∀・´)ノ

 

10代のニキビ洗顔フォームで人気なのはこちらです。


自宅と学校の両方でニキビケアができるのも便利♪

部活動や体育の授業の後で洗顔をする時に使えます。

 

ただし

赤ニキビを治す目的ではなく、ニキビが増えないように予防するための洗顔料

です。

 

ファーストクラシュは”小さなスクラブも入っている”ので、

赤ニキビがひどい場合には適していません。

 

白ニキビ・黒ニキビがこれ以上、増えないでほしい!

このような学生さん向けのニキビ洗顔料ですね。

 

こちらの記事もよく読まれています。

赤ニキビを治す!正しいニキビ石鹸の選び方をご紹介します♪

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑