一人暮らしの食費を節約|大学生が月1万5千円の生活に挑戦!

公開日: 

大学生の一人暮らしは何かとお金がかかりますよね。

日々の生活のやりくりの中で、節約できるのは「食費」です。

分かってはいるけれど、ついつい「ファーストフード」、「ラーメン屋」、「コンビニ」などで食事を済ませてしまう。

気がつけば月の食費が5万円を超えていた・・・

このような経験をしたことはありませんか?

 

料理が下手でも大丈夫!時間がない一人暮らしの大学生でもできた「月1万5千円」の食事メニューをご紹介します。

是非参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

一人暮らしの食事は「自炊」が基本|食費を節約する為のポイント!

食費を「月1万円~2万円」に抑える為には「自炊」が基本になります。

1ヶ月、1万5千円にする為には、1日(朝、昼、夜)の食費を500円以下に抑えなくてはいけません。

 

一人暮らしの自炊で大切なポイントは2つ

1、食材(主食、野菜)を無駄にしない為に「冷凍保存」を徹底活用!

どうしても、一人暮らしの場合ですと食材が余ってしまうので、残った食材は冷凍庫へ

2、料理の時間とお金も節約!週末は「作り置きのメニュー(献立)」

例、カレー、シチュー、おでん、マーボー豆腐など。

夏は作り置きのメニューはお勧めできませんが、冬は作り置きをしておいても温めるだけなので楽ちん♪

「冷凍保存」と「作り置きのメニュー」ができると、お金の節約になります。

一人暮らしであれば、これだけの食材がれば十分です♪

主食

「焼きそば」、「うどん」、「ソーメン」、「ご飯」、「食パン」、「パスタ」

野菜

「もやし」「ジャガイモ」「にんじん」、「玉ねぎ」、「ねぎ」、「生姜」、
「きゅうり」、「きゃべつ」、「レタス」、「トマト」、「白菜」、「大根」、「人参」「ねぎ」、「ほうれん草」、「ピーマン」、「小松菜」「オクラ」、「生姜」、「ニンニク」、「ニラ」、「ブロッコリー」

きのこ類

「しいたけ」、「しめじ」、「まいたけ」、「エリンギ」

「アジ」、「ブリ」、「サンマ」、「鮭」、

「豚肉」、「鶏肉」、「牛肉」

フルーツ

「りんご」、「バナナ」、「みかん」

一人暮らしで重宝する食品や食材

「豆腐」、「卵」、「納豆」、「ツナ缶」、「シーチキン」、「こんにゃく」、「バナナ」、「鶏ガラスープの素」、「パン粉」
「ちくわ」、「はんぺん」、「とろけるチーズ」、「お茶漬けの素」、「ヨーグルト」、「食パン」、「カレーの素」、「シチューの素」、「マーボー豆腐の素」「チャーハンの素」「お味噌汁の素」「キムチ」、「トマトケチャップ」、「醤油」、「味噌」、「こしょう」、「ふりかけ」、「十六雑穀米」

一人暮らしに重宝する食品・食材は「特売、セール」で必ず買う!

「お一人様1点」、「特売品」などの食品・食材はセール日に必ず買っておきましょう!

特に「納豆」、「豆腐」、「卵」、「もやし」「食パン」は日々の料理に欠かせない食品ですし、冷凍しておけば長持ちしますので。

 

ブログ管理人は「お一人様一点まで」の食品や食材を「同じお店で3度買い」するほどでして、

店員さんにバレないように、別にレジで会計するという荒業をつかっていました(苦笑)

 

小さなお店では2度買いは難しいですが、大きなスーパー、イオンなどの大きなお店は「セルフレジ」もあります。

セルフレジで会計をすれば、2渡買いも可能です^^時間帯をずらせば、店員さんに顔を覚えられることはありません。

3000円のまとめ買いで1週間分の食事はできます。

曜日
月曜日 サンドイッチ サンドイッチ サラダ、ハンバーグ スープ
火曜日 トースト、サラダ おにぎり、サラダ 豆腐ハンバーグ スープ
水曜日 卵焼き 納豆ご飯 鮭、アジ 焼きそば サラダ お茶漬けごはん 卵焼き
木曜日 サラダ、トースト 雑穀米おにぎり パスタ サラダ
金曜日 ヨーグルト、サラダ 雑穀米おにぎり パスタ サラダ
土曜日 カレー ご飯 サラダ カレー 食パン カレー ごはん サラダ
日曜日 シチュー 食パン サラダ シチュー ご飯 シチュー サラダ

 

週末の土日は「カレー、シチュー」をメインに作っていました。「煮込みうどん」はたまに作るくらいです。

時間がある時には「作り置きのメニュー」を作り、朝、昼、夜、と同じメニューを「サラダ」と一緒に食べていました。

 

お昼のメニューに「おにぎり、お弁当」とあるのは朝ごはんで残った残り物や前日のご飯の残りものです。

朝作った卵焼きの残りものをお昼のおかずにしていました。

 

「おにぎり」と「卵焼きとサラダ」だけでは、栄養面が心配でしたので、ご飯を炊く時に「雑穀米」を入れておきました。

雑穀米の素にお金がかかってしまうのですが、ただの「白米」では糖質が気になりますので、雑穀米で栄養バランスを足していました。

雑穀米のご飯は冷凍しても、レンジでチン(解凍)すれば、美味しく食べれますし、朝ご飯に残れば、そのままお昼のおにぎり、お弁当にできるんです♪

 

余った「ご飯」、「野菜」、「食パン」は冷凍庫で保存する。

※冷凍庫で保存する場合、冷凍保存パックは必要

一人暮らしの食費を節約する大事なポイントです。( `・∀・´)ノ

 

雑穀米を入れていないご飯だとしても、そのまま冷凍しておけば、「お茶漬け」、「チャーハン」にすることもできます。

野菜も一緒に冷凍しておけば、「玉ねぎ」、「ねぎ」、「ピーマン」、「しいたけ」、「トマト」、「キムチ」もいれることができます。

野菜も一緒に取れるので、ヘルシーな食事が出来上がりです。

 

食パンも冷凍しておけば、レンジで温めることでふっくらと仕上がりますので、「たまねぎ」、「ピーマン」「とろけるチーズ」、「トマトケチャップ」を添えればトーストの出来上がりです^^♪

 

「ご飯、食パン、野菜」を冷凍しておけば、無駄にすることはありません。

一人暮らしの食費を節約するポイントは「買いだめ」と「冷凍保存」

 

「サラダ」は体を冷やしてしまうので、冷え性の方は辛いですよね。ブログ管理人も極度の冷え性なので「生姜」は欠かせませんでした。

そこで、冷凍した野菜は「鶏ガラスープ」にして食べていました。いつもお味噌汁だと飽きてしまうので、たまには鶏ガラスープにするのもありです。

 

体がポカポカと温まるので、「生姜」は必須アイテム( `・∀・´)ノ

スポンサードリンク

一人暮らしの食費は「飲み物」も節約する!そのポイントは!?

一人暮らしの食費を圧迫するのは「食べ物」だけではありません。

ついつい「コンビニ」や「自動販売機」で買ってしまう「飲み物」にも気をつけなければなりません。

「毎日1本、140円のペットボトル」を30日(1ヶ月)買い続けるだけで4200円の出費です。

夏場は水分補給をたくさんしますから、アクエリアスを3本飲むだけで1日の予算はオーバーします。

 

一人暮らしの飲み物を節約する為のポイントは「水筒」を持参すること。

ブログ管理人は大学に行く時ときは必ず「雑穀米のおにぎり」と「水筒」は持参していました。

 

その場しのぎの為に「140円のペットボトル」を買い続けるのは痛い出費になりますので、外出、大学に行く時は必ず水筒を持参していました。

魔法瓶の水筒であれば、夏場は「冷たい麦茶」を入れて、冬場は「ホットな麦茶」を入れていました。

 

「麦茶」は熱中症予防にもよい飲み物で、血液のサラサラにしてくれるので、今でも重宝している飲み物です。

 

一人暮らしをしている地域にもよりますが水道水が美味しくない、飲めない場合もあります。

その場合は「水」を買うしかありません。「ペットボトルの水を箱単位で買う」か「ウォーターサーバー」を検討しなければなりません。

「残留塩素」や「放射能の影響」があれば、お金を節約している場合ではありません。

 

無理して飲んでいると人体に悪影響が出ますので、体が病気になってしまいます。病院の治療費が高くつきますので「お水」は節約してないでくださいね。

 

そこまで神経質にならなくても、水道水が飲める低度であれば、やかんに水を入れて沸騰させればいいだけですから、そんなに心配しなくても大丈夫です。

残留塩素は生水に含まれる「雑菌」の役割がありますから、残留塩素が無いほうが問題なんです。

 

ただ1点だけ気をつけるべきことがあります。

水道水を沸騰させると発がん性物質の「トリハロメタン」が増殖してしまうことです。

「水道水は沸騰させて飲めば安心」と言われていますが、実はそうではなかったのです。

 

水が沸騰(100℃)を超えたとしても、、弱火にして10分くらは沸騰させてつづけてください。

すぐに火を止めない!

これが鉄則です。沸騰させ続けることで「トリハロメタン」を気化させることができます。

 

毎回、毎回、お水を沸かすのは手間ですので、ブログ管理人は「ペットボトルの水」を箱単位で買っていました。

また、水道水を沸騰させ続ける必要があるのですから、面倒なのでそのまま「麦茶」を作っていました。

水道水を沸騰させる→弱火にして沸騰させる→トリハロメタンを気化

水道水を沸騰させる→弱火にして沸騰させる→麦茶のパックを入れる→麦完成

美味しくて安全な水を飲むたには、どうしても一手間加えないといけませんので、「電気代」や「ガス代」が高くなってしまいます。

であれば「水」に関しては、「2リットルの水を箱単位」で買うのもありですし、「ウォーターサーバー」を導入するのも手です。

 

2リット水 100円

1日4リットル 200円

30日 6000円

ブログ管理人は「水道水で沸騰」と「2リットルのお水」を交互に使い分けていましたんで、15日分はペットボトルの水を買っていました。

15日 3000円程度です。

 

大学生の一人暮らしは「冷凍保存」を上手く活用することができれば、驚くほど節約できますので、是非試してみてくださいね。

お水はペットボトルでも大丈夫ですよ。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑