インフルエンザ予防は紅茶でうがい!感染力を奪う紅茶を紹介!

公開日: 

インフルエンザが猛威を奮う季節がやってきましたね。

毎日、水(お湯)・お茶でうがいをしているから大丈夫!

と安心していませんか?普通の手洗い・うがいだけでは、インフルエンザの予防効果薄いんです!

インフルエンザに効果的なのは”紅茶のうがい”だったんです

紅茶に含まれる成分がインフルエンザの予防に効果があることが、医師の研究によって明らかにされています。

噂話し、先代の知恵などの情報ではなく、医学界で実正されている事実。

今日からすぐに実践できる簡単な方法なので♪是非試してみてくださいね^^

スポンサードリンク

紅茶の成分「テアフラビン」がインフルエンザを予防する!

紅茶には様々な成分が含まれており、いろいろな効果・効能があります。

カフェインは、覚醒作用、利尿作用、強心作用などの効果

タンニンは、殺菌、喉の粘膜の消炎作用などの効果

テアフラビンは、インフルエンザの感染力を奪う効果

※参考「紅茶のインフルエンザに対する感染伝播阻止効果 出典元、NPO法人」

テアフラビンは元々の茶葉に含まれているカテキンが発酵することによって出来たポリフェノールです。

 

ざっくりと説明すると、

紅茶をいれるときれいな色がつく!

これが「テアフラビン」です。

 

茶葉が発酵することで出来る二次ポリフェノールなので緑茶には含まれません。

テアフラビンは抗酸化力が強力で、殺菌力もあるため、風邪やインフルエンザの予防にもつながるのです。

 

テアフラビンは緑茶のカテキンよりも強力!

緑茶・ウーロン茶に含まれているカテキン(ポリフェノール)よりも紅茶のテアフラビン(ポリフェノール)のほうが強力です。

インフルエン予防に、うがいをするなら紅茶がお勧めです。

 

テアフラビンは抗酸化作用もあるので、身体の免疫力の強化にもなるんです。

身体の内部から免疫力を強くしていけば、ウイルスに抵抗するだけの力が備わります。

また、

テアフラビンは骨粗鬆症(こつそそしょう)の予防・改善に役立つ

と解明されています。

※出典元、大阪大学の研究チームが、紅茶の苦味成分を作るポリフェノールが、骨の破壊の進行を抑える効果があることをマウスの実験で確認したと発表

 

つまり、インフルエンザ予防をしながら、骨粗鬆症の予防までできちゃう優れた飲み物なんです。

子供がコーラや炭酸のジュース、ソフトドリンク、スポーツドリンクばかり飲んでいるのでしたら、紅茶に変えてみてはどうでしょうか?

炭酸のジュースは砂糖が多く含まれているので、糖尿病になる可能性もあります。

 

キリン午後の紅茶でもインフルエンザの予防になるの!?

ペットボトルのキリンの午後の紅茶でも効果があるようです。

紅茶の成分に、カテキン、ポリフェノールが含まれているので問題ありません。

 

ただし、ミルクティーなどの甘い風味のタイプはインフルエンザ予防に不向きとなります。

ミルクのタンパク質がテアフラビンと結合して効果が薄れてしまうからです。

 

”キリン午後の紅茶のミルクティーだけがダメ”という意味ではなく、

紅茶にミルクを入れるのがダメということです。

テアフラビンが多く含まれている紅茶はアッサムティー!

紅茶にはいくつかの種類があります。

「ダージリン」

「アッサム」

「ウバ」

「ヌワラエリア」

紅茶の種類の中でも”テアフラビン”が多く含まれている紅茶は「アッサムティー」になります。

インフルエンザ予防には「ダージリン」が良いと言われていますが、アッサムティーはダージリンよりもテアフラビンの含有量が多いのです。

 

さ・ら・に!

紅茶の葉の栽培は有機栽培(オーガニック栽培)であれば、安心できますよね。

無農薬・無化学肥料であれば、子供がアトピーなどのアレルギー体質であっても安心して飲むことができます。

 

楽天ランキング1に輝いた【有機JAS認定アッサム紅茶】でインフルエンザ予防、骨粗鬆症予防を始めてみませんか?

キリン午後の紅茶のペットボトルを買い続けるよりも、コスパも優れています。
ホットで飲むことができるので、冷え性対策で飲むこともできます。

関連記事、R1ヨーグルトでインフルエンザを予防しよう!の記事もよく読まれています。

1才児のインフルエンザ対策!R1のヨーグルトで予防しよう!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑